• Art Caffe
  • Art Zakka
  • Art Gallery
  • Art Music
  • Art Fashion
  • Art School
  • Art etc

ラジオ沖縄 ROK特番 ニシムイ 絵筆に復興を託した男たち

PowerPoint プレゼンテーション
ニシムイ 絵筆に復興を託した男たち

ROKラジオ沖縄 864
放送日 平成27年12月26日土曜日 午後3時00分~午後3時30分

戦後70年の今年。たくさんのメディアがそれぞれの視点から先の戦争についての歴史検証を行っていました。
この番組「ニシムイ~絵筆に復興を託した男たち」では、芸術家たちの視点から、戦後沖縄の文化がどのように復興していったかを描きます。
戦争により自然や文化までも焼き尽くされ、物資も乏しい沖縄の状況を憂いながらも、戦後沖縄の美術や文化の復興に奔走した美術家たち。その姿を当時の関係者や、県立博物館美術館の学芸員らのインタビューを通し、紐解いていきます。

(番組ナビゲーター)
小橋川結子(ラジオ沖縄アナウンサー)
【担当番組】
アートパレット 日曜日午前7時45分~
DO-YO 土曜日午後1時30分~
チャットステーションL 金曜日担当

ニシムイとは
現在の那覇市首里に実在した美術村。
1948年東京美術学校を卒業した若い芸術家たち玉那覇正吉、
山元恵一、安谷屋正義、名渡山愛順らのちに沖縄の画壇を背負って
立つことになる若き芸術家たちが、戦後すぐ絵画やカードを制作して
米軍関係者に売り生活の糧にしていたコロニーの名称。
太陽のキャンバスとも云われ、
その作品はのちに国内外からも美術的な大きな評価を得ています。

ニシムイに関する県内外の動き
県立博物館・美術館
【展示会】戦後70年特別企画ニシムイー太陽のキャンバスー
【演劇】地域連携劇にしむい
その他
【書籍】「太陽の棘」原田ハマ(文芸春秋)

放送実施日
(地上波)
放送日 平成27年12月26日土曜日 午後3時00分~午後3時30分
(ポッドキャスト)
放送後ラジオ沖縄公式ホームページにアップ

ラジオ沖縄HP